大学受験に合格したいなら英語塾に通おう!

進路決定は情報集めから

進学イベントは、複数の大学や専門学校などが一堂に会し、各々の特色や入試状況などについて説明を行うイベントです。パンフレット等の各種資料を効率的に集められるほか、ブースで個別の相談に応じてもらえる機会もあります。

どこを受けるにも役立つ

男女

実績のあるところへ

大学受験合格を目指している英語塾では、学校の教科書中心の内容を行うことはもちろんです。しかし、そこから派生する内容についても踏み込んで学習を進めています。単に教科書の内容を記憶するだけではなく、関連用語も含めて学習することで、忘れにくく知識として定着しやすくなります。中学生のころから、英語塾で繰り返しこのような学習を続けていくことで、大学受験に臨むころには、大きな力となってくるのです。また、大学受験を目指している英語塾では、さまざまな、人間の感覚をフル活用した学習法を取り入れているところが多く、目で見ることはもちろん、耳で聞く、口に出す、文字に書く、というようにあらゆる角度からアプローチしています。特に、少人数制で、都度指名して答えるといった学習の進め方をしている場合には、さらに強い印象を持って記憶することができます。指名されて自分の解答が間違っているときには、失敗体験として正解を印象を付け覚えることができ、反対に他の人ができなかった答えを自分だけが解答出来た場合には、成功体験として深く印象を残すことができるのです。これらの方法は目で見るだけ、耳で聞くだけの学習法と比較した場合、明らかに身に付いていくため、どこの大学受験にも対応しやすい下地を作ることができます。実績のある英語塾では、毎年の大学受験に臨むことで修正を繰り返しながら培われてきた手法を採用しており、入塾を待ってでも行く価値があるといえます。

明確に書くことが大切

学校の入学の際に志望動機が求められるのは、学生の目標が学校で実現できるかどうかを判断するためであり、決して形式的なものではありません。書き方としては、入学後の目標とその目標を持つに至った背景を論理的に繋げ、それが志望校でなければ実現できないことを説明するのがポイントです。

個人に合わせた指導が魅力

伊丹で個別指導が人気を獲得しているのは、少人数で自分に合った指導を受けることができるからです。生徒と先生の距離が近くなるため、授業が明るくなり、気軽に質問ができるというメリットもあります。ニーズに合った指導を受けられるのです。